安全な愛人契約

最近の愛人募集では、いわゆる「割り切り型」が増えているらしいです。昔で言う「愛人契約」とはだいぶ違っていて、きっかけはインターネットの出会い系サイトだと聞きます。

 

出会い系サイトと言えば本当に「男女の出会い」を求めている人が登録・利用しているものだと思っていましたが、実態としては「会いたい時だけ会い、関係を持つパートナー(愛人)」の募集が圧倒的に多いらしいですよ。
みんなが恋愛相手、恋人を募集しているとも限らないんですね。
こういった関係なら、恋愛の面倒な部分を省いて関係を持つことができて気楽そうです。
食事代や休憩先でかかるお金は、基本として金銭的に余裕のある方が負担して、場合によってはそれ以外のお金のやり取りも発生するという関係。
いわゆる昔ながらの「愛人」とやっていることは同じのようで、もっと軽く楽しめる印象があります。

 

ただ、インターネットでの愛人募集に関しては、法律も気にしなければいけないようです。
平成15年にインターネット上での「異性紹介業」は警視庁に届出が必要となってから、届出を出していないサイトは「違法業者」として摘発されることになりました。
また、届出はしていたとしても運営がきちんとされておらず、登録者に対する身分証明書の提示を求めていないような悪質サイトでは、未成年者が登録してしまい、その相手をした多くの男性が
知らない間に児童買春をしてしまうようです。
知らないうちに犯罪を犯してしまうというのは、男性側から見るととても悲しいことです。

 

きちんと警視庁に「異性紹介事業」として登録を行って、その上で登録者の個人情報もきちんと管理するような「優良出会い系サイト」を利用するように気をつけたいですね。
そういったところでないと、安心して愛人募集をできません。

 

愛人サイトランキング
サイト比較評価


ホーム サイトマップ