愛人契約の際の注意

ここ最近、未成年者との不適切な関係によって「児童買春」の罪に問われる男性が増えてきています。
よくそういう事件をニュースで見ますね。これは一体どういうことなんでしょうか?

 

実態としては、男性だけが悪者というわけでもないそうです。
どうしてかと言うと、男性側は相手が未成年であると知らなかったケースがいくつもあるのです。
普通に愛人を見つけたいと思っていたのに、お金目当ての未成年者にひっかかってしまったんですね。
こういう問題は、その未成年者を登録させていた「悪質出会い系サイト」のせいだとも言えます。

 

平成15年にインターネット上の出会い系サイトに関する法律が制定されました。この法律の背景には、そういう出会い系サイトを使って未成年者が売春行為をしていたというものがあります。
未成年者が気軽なアルバイト感覚で体を売って、お金を儲けていたわけですね。
こういう行為は社会的に見て批判されるべきものなので、それを防ぐために規制が厳しくなったというわけです。

 

こういう未成年者の出会い系サイトへの登録は法律で禁止されているんですが、年齢詐称を行ってしまえばサイト側では見抜けないことも多いようです。
とは言っても、少女たちが何か特別に年齢詐称をするというわけではないそうです。
単に運営者側のチェックの不備によって、簡単に登録ができてしまったということです。
チェックさえきちんと行われていれば、防げる問題でしょう。

 

こういった悪質なサイトにひっかかってしまうと、男性会員は知らない間に「児童買春」をしてしまうことになります。怖いですね。
こんな危険なことに巻き込まれないためには、運営者がきちんと個人情報まで管理してくれている「優良出会い系サイト」を利用するべきでしょう
ちゃんとした健全な出会い系サイトであれば、合法的に愛人募集を行うことができるそうです。
逆に愛人になりたい、という人がパートナーを探すにも有効でしょうね。

 

愛人サイトランキング
サイト比較評価


ホーム サイトマップ